バリ島旅行計画/覚書

そのうちいきたいバリ島、ヴィラの情報まとめ

バリ島とは

日本から南へ約5000kmの位置にあるインドネシア共和国に属する島
日本とは17世紀初頭にオランダ領であったころからの関係
現在は重要な貿易相手
親日な国だ

気候は主に乾季と雨季にわかれ
乾季が4月~10月
雨季は11月~3月
雨季とはいえ、日本の梅雨のようにじめじめしているわけではなく、スコールが降りやすい、といった感じのようだ
(最近は1日中降る事も多いという情報もある)
特に暑いのが乾季と雨季の変わり目のようだが、滞在先でゆっくりする分には気にならないだろう

観光地としてのハイシーズンは7~9月
オフシーズンは雨季
おすすめの時期はその間の6月といったところか

オーストラリアと中国からの観光客が多いのでこの二カ国の祝日も考慮するといい
とくにオーストラリア人は車で来るようなので8月から9月は空港から宿まで通常の3倍は時間が掛かった、ということも珍しくないようだ

なぜバリ島なのか

バリ島のようなビーチリゾートは他にもある
ハワイ、グアム、サイパン、セブ島、プーケット、沖縄
これらリゾートの中からなぜバリ島を選んだかというと
ヴィラが豊富で安い
スパの質が高くて安い
飯が日本人好み、あとやっぱり安い
というのが注目の要素だ

ヴィラとは

20524203

1戸立ての客室のこと
標準的なホテルとしての機能が備わっており、キッチンがついている
多くは専属のバトラーがおり、身の回りの世話をしてくれる

バリ島のヴィラは広く、プライベートプールがついているものがほとんどだ
敷地は100~500㎡からという圧倒的な広さ
価格は1戸1泊2万~4万で(他のリゾートと比べて)圧倒的に安い
もちろん、ちょっと古めの狭い(といっても60平米はある)ヴィラにすれば1.5万から、という格安のものもある

これが沖縄やハワイだと、プールが付いていなくて、大きくても敷地200㎡で一人2.5万くらい(つまり一戸5万)
そもそも他のリゾートではヴィラではなくて貸し別荘というスタイルが多い
貸し別荘となると掃除や料理は自分でしないといけなくなるが、ヴィラであれば専属のバトラーがついているのでそういった煩わしさはない

飛行機代はバリ島の場合すこし高くなるが
それでもヴィラの質の高さと割安さを考えるとバリ島まで赴く価値はあると思える

アクセス

飛行機でのアクセスが一般的
4月だと
ガルーダ・インドネシア航空ならば直行便で7時間、ただし往復一人10万近くする
乗り継ぎだと約15時間、往復一人5万~6万といったところか

時期によってはツアーのほうが安くなるようだが
4月に限って言えば、自分で手配したほうが安いだろう

バリの観光地域

バリ島は主に7つの地域に分けられる
北から見ていこう

ウブド地区

内陸
文化的な意味でのバリ島の中心地
独特の文化や芸術に触れられる
夜には毎日伝統舞踊が披露されているようだ
郊外へ行けばローカルな田園風景があり散歩によし
また人気のモンキーフォレストやキンタマーニ高原へのアクセスも良い
文化に触れたければここ
ただし海はなく、空港から遠い、虫が苦手な方は避けたほうがいい?

スミニャック地区

西海岸沿い
比較的最近に開発された観光地
静かで海沿い
ストリートの店も充実している模様
北西にいくとチャングーというエリアがあり、最近開発が進んでおり注目されているとか
ヌサドゥア地区と印象が被るが、クタやウブドなど観光もしたいというのならこちらが良いか

クロボカン地区

スミニャックより内陸側
海より緑が好みならこっちか

サヌール地区

東海岸沿い
もっとも古くにリゾート開発された場所
遠浅のビーチと比較的落ち着いた雰囲気
ウブド地区へのアクセスも良好
またメインストリートには観光客向けの安宿やスーパーもあり長期滞在向け
家族連れやシニアに人気らしい
古めの観光地なので安いヴィラが見つかるかも

クタ&レギャン地区

空港に近い繁華街
バリ人曰く「ここはバリではない」そうだ
サーフィンやエキゾチックな夜が楽しみたいならここ
バックパッカーや若者向け
治安は良くない

ここから南の半島

ヌサドゥア地区

半島東側
計画リゾートエリア
ひとつの町のように壁と門の中にこのエリアが存在する
ここに入るには門を通る必要があり、宿泊地関係者しか入れない
なので物売りなどもいなし、ジゴロもいない、治安はとても良い
大型のショッピングモールもあるので買い物には困らない
整備されたビーチもある
引きこもってゆったりリッチにすごすならここか
ただしお値段高め

ジンバラン地区

半島西側
古い漁港の町
サンセットを売りにしているので海の眺めが良いヴィラが多い
浜辺で海鮮BBQなんかも
ローカルな市場などを楽しむのには良い
ただスパやショッピングをするには他のエリアへいかなくてはならないか
ゆっくり海を眺めてすごしたいならここ

NEXT>>>各地域の魅力的なヴィラまとめ

バリ島旅行計画/ヴィラ選び
前回から引き続き、各地域での特に気になるヴィラを列挙していこう すべてプライベートプール付きだ 金額は主に2016/6月中の平日に2人で1戸/1泊の料金 Booking.comで検索したため...

旅行計画カテゴリトップ

外部リンク

日本とインドネシア独立のお話

ビーチリゾート比較

バリ島お役立ちMAP

バリ島在住の方の地域解説

バリ島の詐欺

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。