4月/北海道旅行のメモ/その2小樽(積丹)編

宿や食事処の詳細が見たい人は下段のまとめからどうぞ

3日目

旭川のホテルパコを発ち、小樽を目指す

途中、札幌市北広島にある三井アウトレットパークに寄っていく
あいかわらずすごい人だ

札幌市でまさかの雪に見舞われつつ小樽市に到着
スマイルホテルにチェックインし
小樽運河でガラス細工などを物色しつつ夕食に

まずは気になっていた居酒屋「まるた」に向かう、まさかの臨時休業
もうひとつ候補の店があったが遠い・・・
寒かった事もあって歩行者天国な通りにある一見してモンテローザ系列とわかる「目利きの銀次」という店に入る。わりと良かった。

4日目

4日目は積丹半島の神威岬を目指す。
昼食として適当な店で海鮮丼を頂く。
海が時化てるため、メニューが限られると言われる
どうやら本当にその日の朝に水揚げされたネタしかないようだ。

神威岬が予想以上に良かったためか、小樽市にもどったころには暗くなっていた。
昨日いかなかった候補にあがっていた居酒屋その2「なると」へいく。
結論からいうと失敗だった。

5日目

小樽水族館へ向かう
小樽に来たならここをまずは抑えるべきだろう
昼食に列車がそのままお店になっているイタリアンレストラン「トレノ」へ行く。
これは正解だった、美味かった。
その後、一気に洞爺湖を目指す

まとめ

小樽市の宿

小樽もコストパフォーマンス重視でスマイルホテルにした。
26年にリニューアルしたようで、比較的綺麗だ。
駐車場は1日600円、とあるが俺のときは駐車料金は取られなかったような・・・
一階にある寿司屋「若寿司」はそこそこ人気があるようだ。

小樽市の食事処

まるた

結局いけなかったので、また次回行ってみたい

目利きの銀次

IMG_20150407_183708

モンテローザ系列は値段なり、という感じでそれほど嫌いではない。
(笑笑と魚民と白木屋は論外だが)
この店もそれなりのコストパフォーマンスだった。
ただ、席が寒かった、温度を上げてくれと頼んでも無理とのこと
しかたないのでブランケットをもらってやり過ごした。
刺身盛がなかなか安くて量多目、くじらのステーキは美味しかった。
小樽で冒険しないで無難な居酒屋がいいなら、ここがお勧めかもしれない

若鶏時代なると

若鶏の半身揚げが有名らしい
注意してほしい、この店は居酒屋ではない。
酒が置いてあるだけの大衆食堂だ
そして超がつくほどのファミリー向けだ。

なにより驚いたのが注文方法
テーブルにあるメニューを見て、それをカウンターで頼み、前金を払うのだ
注文するたびに、座敷から降りて靴を履き、カウンターでもう一度メニューを指差しながら注文して、財布を出して金を払うのだ
これで酒など飲めるだろうか?いや、飲めない。

味と値段については特筆する点はない。
間違っても酒飲み同士で行ってはいけない店だ。

トレノ

列車そのものが店になっているイタリアンレストラン
なかなか雰囲気がいい、しかし車窓から見える景色が博物館と駐車場・・・
じつにもったいない感じだ。
料理は美味しく、ボリュームもあるのでコストパフォーマンスは良い。
また行ってみたいと思う。

かま栄

小樽運河付近にある有名なかまぼこ屋
「所詮かまぼこだろ?」と言っていた俺だが
揚げかまぼこを一口食べて、自分の浅はかさに恥じ入るばかりだった。
美味い

イートインもあるので、運河散策の前後に軽く腹ごしらえをすると良いだろう。

小樽市の観光スポット

小樽水族館

正直、期待していなかったのだが
けっこう楽しい

特に印象的だったのが、外のプール群(海獣公園)にいる動物たちが活き活きとしていることだろうか。
このプール群は本館から出て坂を下ったところにある、一見「入って良いのか?」と躊躇うほどボロボロなのだが、ちゃんとイベントなどをやっている。

旭山動物園のペンギンなどはみな突っ立ってるだけだったりで生気がまるでないが
この水族館のペンギンはやたらと元気だ、泳ぎも激しく、景気良く水しぶきを見舞いしてくれる。
セイウチもやたらとサービス精神旺盛で、餌やりやダイビングのショーが終わったあとでも、ガラスに寄ってきて、口の中にまだ残っているサンマ?を入れては出したりしてみたり、激しく頭突きをしたりと、楽しませてくれる。

小樽運河

景観は言うほどよくなく、札幌時計台に並ぶがっかりスポットだと思う。
しかし、この周辺のガラス細工関係の店を回ったりするのは楽しいので、そちらを回りつつ、日が暮れたらぶらっと歩いてみると良いかもしれない。

積丹半島

積丹岬と神威岬

小樽市から積丹半島に向かう
国道229号から道道913号に入れば積丹岬に、229号をそのまま進むと神威岬
神威岬は海岸線に降りられないので、海に触れたい!っていう人はまずは積丹岬にある島武意海岸にいくといいだろう

913号を進み、山を登っていく
けっこう標高が高いようで、昼であるにもかかわらず、気温が氷点下に近かった
IMG_20150408_113253

4月でもこのように車道以外には雪が積もっている。

ここからすこし下っていき、キャンプ場の案内がある道(3つほどあるが、全部つながっている)を入っていくと、食事処がある駐車場に着く、ここにある歩行者用トンネルを抜けると
島武意海岸に着く、けっこう急な階段があるので注意。

IMG_20150408_115623IMG_20150408_121653


駐車場に戻るトンネルを抜け、左手にある坂を上っていくと積丹岬だ
広めのスペースにベンチが置いてある。
神威岬にいくのであればスルーで構わないだろう。

車にもどり、入り江のようになっているほうへ下っていく
しばらくいくと229号と合流する
ここを左、つまり小樽、余市方面にいくと岬の湯 しゃこたんがある
今回は時間の関係上、夕日も見れなそうなのでスルーした、いや、してしまった
秘湯をスルーしてそのまま進むと今回のメインディッシュ、神威岬だ。
美しい積丹ブルーが見られる

個人的には、岬から振り返ったときの、海と岩石海岸と白い山のコントラストが美しいと思った。

IMG_20150408_142144

北海道旅行メモ

4月/北海道旅行のメモ/その1旭川編
4月に、新千歳空港から旭川、小樽(積丹)、洞爺湖、と6泊7日の旅行をした その際の 宿、食事処、観光スポットについてまとめていこう。 まとめ、としてあるが、簡単にだが旅行の足取りも書いていく ...
4月/北海道旅行/その3洞爺湖・千歳編
宿や食事処の詳細が見たい人は下段のまとめからどうぞ 5日目 小樽から洞爺湖へ向かう 羊蹄山を間近にみながら進む。 洞爺湖につき、ホテル「TOYA 乃の風リゾート」にチェックイン ...

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。