4月/富士急ハイランド/レビュー

4月の中の平日、閑散期に富士急へ行ってきたので混み具合など書いていく

ちなみに富士急はこれが初めて

FUJIYAMAが運休で残りの4大コースターが混んでいたのが残念

なんで休園日の翌日に運休するんだよ?!

天気

この日は曇り時々晴れ、気温は16度くらい?

富士急は標高が高いので、もうすこし低いかもしれない

半そでにジャケットのみの格好だったが、1時間以上並ぶときはすこし肌寒い感じがした

女性や寒がりの人は、並んでるときに寒くならない格好をしていくといいだろう

入園

前泊したパインツリーでチケット買い、そのまま富士急に送ってもらう

9時ちょうどに入園口へ到着したころには既に行列が

人数は70人ほど?

それでも普段より少ないのか、待ち時間はなく、すぐ入園する

開幕ダッシュを決め込む人を横目にとりあえずドドンパへ

ドドンパ

1.8秒で170kmまで加速するスピードがウリのドドンパ

この時点で待ち時間は40分

搭乗時にはすでに1時間こえ

開園から閉園まで、ドドンパが一番人気で、11時ころには1時間40分待ちになり、これは閉園までつづいた

13時すぎには並んでる人で締め切るアナウンスが流れていたので、開幕ドドンパは正解だったようだ

40分待ちを経て、ついに搭乗

そしてなんと最前列!

なにも遮るものがない170kmへの加速はまさに未知の体験

息のできない加速から開放されたときの快感は「最高」の一言につきる

個人的には一番楽しかったアトラクションだ

次に目の前の高飛車へ

高飛車

最大落下角度121度、足側へえぐるような落下が特徴

待ち時間は1時間ちょっと、まだ我慢できる

そしてまた最前列、嬉しい

噂の121度の落下はレールが見えなくなり、そこで静止するという拷問のような体験ができてよかった

しかし、一番怖いのは最初の真っ暗なゾーンだと思う、恐かった

朝から設備点検中と表示されていた戦慄迷宮へ

戦慄迷宮

待ちは40分

落書きだらけの待ち通路でうるっさい大学生グループが後ろに並んで嫌な気分

中に案内されると長椅子に座らされちょいグロムービーを見させられる

その後、最小2人、最大3人?のグループに分けられ記念撮影がされる

撮影の瞬間にビックリが仕掛けられるのだが、俺がまさかの無表情

横にいる相方の驚き方との対比で、かなりシュールな写真が撮れた

そして小部屋が連なった道を進んでいく

驚かないように索敵?しながら進んでいくと、隠れている驚かし役の人を見つけてしまったり、出てくる場所をドンピシャで言い当てたり、擬態を見破ってしまったり

なんだか探索しているようで面白かったが、期待の戦慄というのは体験できなかった

(もちろん相方は驚きっぱなしだった)

怖い、というよりはただ驚かされるだけで、なんだか想像と違ったのだ

ゲームで言うと零を買ったつもりがバイオだった、みたいな

映画だと貞子のつもりがジェイソン、みたいな

もういっそのこと絶望要塞とミックスしたらいいのでは?

戦慄迷宮を出て売店で軽く食べて目の前の絶望要塞へ

絶望要塞

噂どおり、50分待って遊べたのは5分

このアトラクションは時間が余ってる場合に行くようにして、基本は後回しがいいだろう

あまりにもあっけなく終わった絶望要塞を出て

ナガシマスカへ

ナガシマスカ

うすら寒い天気ではあったが、水を浴びる系のアトラクションに乗ってみた

並んでるのは10人程度、すぐに乗れる

券売機で100円で雨がっぱを買う

これがないとマジで濡れるので必須だ

合羽を着ないで乗ってる人もいたが、晴れてる日じゃないと辛そうだった

このあたりで13時すぎ、ドドンパが並んでる人で終了というアナウンスが入る、早い

とりあえず残りの4大コースターのうちの一つ、ええじゃないかに向かう

ええじゃないか

待ち時間1時間40分

並んだとたん、後方にかなり長い列ができる、危ないところだった

このコースターの待機列は、風が入ってきやすく、寒かった

なんだかコースターの調子が悪いようで、人が乗っていない空のコースターが走っている、事故が起きそうで恐い

なかなか進まない列だったが、前の団体2組より先に案内され乗る

おそらく、今回の富士急で一番悲鳴が聞こえてきたコースターだったが、座席が回りすぎて意味がわからず、あまり面白くなかった

4大コースターを消化したので、ほかの絶叫系へ

レッド・タワーはまあ、普通、これは割愛する

パニック・ロック

地味なアトラクションだが、けっこう面白い

やはりあの高さで真っ逆さま、というのはスリルがある

トンデミーナ

一度に50人も搭乗でき、時間も長くないのですぐに乗れる

それほど上まで上がらないように見えたが、乗ってみるとけっこう高い

なんだか程よい高度感と速度で、純粋に楽しい

結局2回乗った、3回目もいきたかったが、お土産を買う時間がなくなりそうだったので見送った

総評

4月の中、ということで閑散期のはずだったが、けっこうな時間並ぶことになった

FUJIYAMAが運休しているのが原因だろうか

待ち時間は

ドドンパ1時間50分、ええじゃないか1時間40分、高飛車1時間30分

といった感じで、これは開園2時間から閉園まで、変わる事はなかった

ちなみに、待ち時間は公式アプリから確認できる

個人的に面白かったのは、ドドンパトンデミーナ

というかこの二つだけで良いくらい

高飛車とええじゃないかは、1時間以上待ってまで乗りたいとは思わない

待ち時間を上手く潰せるように、暇つぶしを持っていくべきだった

昼飯も、並んでるときに食べれるよう、パンやサンドイッチ、おにぎりなんかをもって行くといい

みんなけっこう、並びながら食べていた

天気に関しては、前週の時点で雨だったが、相変わらずの晴れ男っぷりを発揮できたと思う

当日は最後まで天気が崩れることはなかった

翌日は雨だったので危ないところだ

すこし暖かめの格好をしていくことをお勧めする

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。