旅行計画/「富士急ハイランド」/各種料金まとめ

群馬から富士急ハイランドへ1泊2日の旅程を組む

混雑状況

閑散期は1月の平日と4月の平日(月初め、月末は除く)

となっているようだ

逆に言うと、それ以外の平日でも暖かい時期はそれなりに混む

土日は人気アトラクションは60分待ちが当たり前

学生の春休み夏休み、GWや大型連休では2時間待ちもありえるようだ

参考URL

アクセス

高速バス

園内にあるホテル「ハイランドリゾート ホテル&スパ」の敷地内にバス停があり、第一入場口が至近にある

乗り場は主に、東京、横浜、京都、大阪の各方面

国府津・新松田駅、新富士駅からも出ている

また、季節限定ではあるが、名古屋、埼玉、長野、群馬、千葉、静岡、沼津の各方面からも運行している

かなり充実しているようだ

また、バス+フリーパス、またはバス+フリーパス+宿泊、の各セットもある

群馬からは、H28.2/13~6/30(要問い合わせ、確認)の間で約3400円~で3時間30分の高速バスが出ている

群馬発バス+フリーパスが8600円、新宿発バス+フリーパスが7300円

新宿発バス+フリーパス+宿泊が17800円

と、かなり安いと言える

新宿発のバス+チケット+宿泊の場合は個別に買うより7800円ほど安くなる

バス+フリーパスでのフリーパス代は

バス+フリーパスが8600円

バスのみでの往復代が3600円*2(高崎発)で7200円

なので、フリーパス代は8600-7200=1400円となり、会員価格でかうチケットより3200円も安くなる、かなり安い

いろいろなホテルでチケット付きプランがあるが、バスで行く場合はバス+チケットがもっとも安くなるということを覚えておこう

ただし

バスの往復券自体が1泊2日までの利用期限となっているので、3日目、という選択肢はないことになる

なお、セットになっているフリーパスは厳密には「フリーパス引換券」になる

なので、富士急ハイランド入園口でフリーパスに引き換えることになる

これによりフリーパスの利用日は当日か翌日かを選べることになる

電車

新宿駅の他、三鷹、立川、八王子、横浜、土浦、大宮、千葉、船橋、錦糸町、の各駅から

フリーパスがセットになった商品がでている

新宿発を例に挙げると、快速・普通列車プランが6900円で、個別に買うより3000円ほど安くなる

ただし、日帰りのみの設定ということに注意

要確認

しかし、JR関係のHPはホント見難いね・・・

レンタカー

レンタカーと富士急フリーパスがセットになった商品がある

これはオリックスレンタカー独自のもののようだ

なので、以下レンタカーとはオリックスレンタカーを指すものとする

2人の場合、24時間でSAクラス13800円となる

通常料金がSAクラス24時間で8100円(キャンペーンだと4500円くらいになる)

なので13800-8100=5700

フリーパスが一人当たり2850円となり、かなり安い

5人で、など大人数になるとさらに安くなる

さらに学割もあるようだ

31日前予約などのキャンペーンの場合を考えると差額は13800-4500=9300

フリーパス代が一人あたり4650円となり、それほど安いというわけではなくなる

なので、31日前予約などのキャンペーンで、レンタカー代が24hあたり4500円を下回る場合は

ホテルのチケット付きプランを選んだほうがお徳

ということになる

アクセスのまとめ

まず一番安いのがバス+チケット+宿泊のプランだろう

しかし、新宿までいくのが条件だ

このプランは詳細がよくわからないのでまずは電話で確認するべきだ

高崎駅発バス+チケットは値段、時間ともにバランスが良いように思える

バス+チケットで8600円

バスのみだと7200円、なのでチケット料金が1400円となる

ただし、往復券の利用期限が2日以内となっているので、1泊2日が限度

JRはこれも新宿まで行く手間がある

往復で6900円で、新宿発のバスが7300円なので、電車のほうが速くて安いということになる

ただし、日帰りの設定しかないようなので、その辺は確認しよう

レンタカーはやはり自由度が高いだけあって料金が高い

チケット+レンタカーで13800円

レンタカーのみで8100円、なのでチケット料金は一人当たり2850円となる

ただし、31日前割引などのキャンペーンの場合は、レンタカー代が4500円になるので

チケットはホテルとセットで買ったほうが安い場合がある

また、レンタカー屋の開店時間、閉店時間に注意

どの交通手段にしても、基本的には

フリーパスがセットになったアクセスプランを利用したほうが

フリーパスがセットになったホテルのプランを利用するより安い

ということを覚えておくべきだろう

富士急ハイランド料金

以下、すべて大人(18歳以上)料金

他にも中高生(12~17歳)、小人(3歳~小学生)がある

入園料 1400円

フリーパス  (入園+アトラクション乗り放題)

一般 5200円

前売り券 4800円 (ネットでの事前購入のほか、公式のページをプリントして入園窓口で見せるい方法もある)

会員 4600円 (登録無料、繁忙期8月~9月末は売ってない可能性あり)

ナイトフリーパス 2900円
(15時より販売開始、営業時間18時以降の日のみ)

フリーパス 8300円
(二日分、1枚づつ買うより2100円お徳)

絶叫優先券 1000円
(時間を予約して使う、枚数に限り有、1アトラクションに1枚)

駐車場 1000円

オフィシャルホテル

ハイランドリゾート ホテル&スパ

園内にオフィシャルホテル「ハイランドリゾート ホテル&スパ」がある

このホテルに泊まると次ぎの特典がある

1、富士急ハイランド入園無料(フリーパスではない)

1400円に相当

2、開園30分前に入場

絶叫優先券2枚分に相当する?2000円分

3、ふじやま温泉入館無料

朝は620円、夜は1250円、土日祝は1550円

4、フジヤマミュージアム入館無料

美術館、フリーパス提示で500円

5、滞在期間中の荷物預かり&駐車場無料

駐車場料金は1000円

と、いった具合で特典だけで約6450円分の価値がある、二人分だと約11900円分

どうせフリーパス使うから入園料はいらないのでは?と思うかもしれないが

前日に下見をしたり

戦慄迷宮はフリーパスでは入れず別途500円かかるので、戦慄迷宮だけ宿泊日、もしくは翌日に持ち越す、といったことができるので価値があると思われる

(フリーパスが使えないものは、「絶凶・戦慄迷宮」「特別イベント」「スケート貸し靴」「ボウリング場」「コインアトラクション」)

宿泊プランはおよそ次のようになっている

4月の第一週土曜日(繁忙期)、大人2人、税込みの料金

平日なら3000円ほど安くなる

公式はベストレートを謳っているので、特別理由がなければ公式から予約が良いかもしれない

フリーパスなし、素泊まり

公式 なし  じゃらん 26000円

公式には素泊まりの設定はないじゃらんではフリーパス無しでのみ設定有

特典がつきはするが、26000-11900=14100円、部屋代だけで14100円

一人当たり7000円は、なかなかのお値段だ

フリーパスなし、朝食付き

公式 27800  じゃらん 28800円

素泊まりが26000円なので、差し引くと朝食+フリーパスが2800円、一人当たり1400円ということになる

ものすごく安い、というよりも素泊まりは割高、ということだろう

フリーパス、朝食付

公式 36600円  じゃらん 37600円(696ポイントつく)

フリーパスなしと比較すると、36600-27800=8800、フリーパス代が一人4400円となり、会員価格より200円安くなる

それほど安いわけではなく、これはどのホテルにもいえる事だが、自家用車で行く場合以外は、交通費とチケットがセットになったプランを利用したほうが安くなる

フリーパス、朝夕食つき

公式 47000  じゃらん 48000(888ポイント)

2食付のプラン、47000-36600=10400

夕食代は10400円、一人当たり5200円

夕食はバイキングor和食、中華、洋食の各コースから選べる

といった感じで、料金的にはそこそこする

4月の第一週の土曜、ということで高めの値段だ

これが4月の平日になると3000円ほど安くなる

注意点としては、古いようで(2016年春にリニューアルするそうだ)

部屋はあまり期待しないほうがいいだろう

利点としては園内にあるのでとにかく移動が楽、ということだろうか

ホテルへのアクセス自体も、バス停目の前、車はチェックイン、チャックアウトともに終日無料、富士山駅からは無料のシャトルバスあり、とかなり充実している

その他、このホテルならではの過ごし方がこちらに載っている

資金にある程度余裕があるなら、このホテルが良いだろう

ホテルマウント富士

富士急から遠い、山中湖ICより車で15分

こちらもいくつか特典がある

1、プール宿泊者料金

プールがあるようだ、特別料金ではいれる

2、富士急ハイランド入園無料

3、富士急ハイランド開園30分前入場

4、フジヤマミュージアム入館無料

料金をチェック

4月の第一週土曜日(繁忙期)、大人2人、税込みの料金

平日なら3000円ほど安くなる

素泊まり

公式 30000円

フリーパス付 朝夕食つき

公式 44600円

このホテルは素泊だと割高だ

朝食のみの設定はないようだ

ハイランドリゾート ホテル&スパよりは安いが、遠い

こちらのほうが綺麗な気がする

富士山ステーションホテル

2015年4月16日にオープンしたということで、新しい

立地は、富士急ハイランド駅から一駅さきの富士山駅から徒歩2分

河口湖ICより車で5分

と、立地は悪くない

ハイランドリゾート ホテル&スパのような特典はないが、次ぎの特徴がある

新しい、朝食無料、駐車場無料、プランが簡潔で見やすい(これ大切)

では料金をみてみよう

4月の第一週土曜日(繁忙期)、大人2人、税込みの料金

平日なら3000円ほど安くなる

備考、ダブルよりツインのほうが高い、トリプルはツインと同じ料金

フリーパスなしダブルルーム

公式 12600円  じゃらん 13000円

フリーパスなしシングルルーム(120cmのベッドを2名利用)

公式 12000円  じゃらん 11000円

フリーパス付 ダブルルーム

公式 20200円  じゃらん 20600円

フリーパスが2枚で9200円とすると、部屋代は11000円、一人当たり5500円となる

フリーパスなしセミダブルが12000円なので、フリーパス付のほうがお徳と言える

ハイランドホテルの特典が11900円だとすると、加えて32100円

ほぼ同じ条件のハイランドホテルのプランが36600円、その差4500円

この差をどうとるかは個人しだいだろう

ほかに、周辺で安いホテルをピックアップしてみる

(4月、土曜、大人2人、税抜き)

ビジネスホテル河口湖

中央道河口湖IC7分、富士急行線河口湖駅から徒歩10分

素泊まりセミダブル 6666円

フリーパス付 15092円

駐車場無料、河口湖と富士急の中間くらいに建っている、富士急まで徒歩15分

古い、ウォシュレットなし、近くにコンビニあり

もっと安いホテルもあるが、バストイレ無しなどで利便性は低い

ビジネスホテル芙蓉

富士急行富士山駅下車徒歩4分。中央道河口湖IC5分。電車で富士急ハイランドへ1駅、河口湖駅2駅

素泊まりセミダブル 7870円

フリーパス付 17222円

駐車場無料、富士山駅徒歩4分

古い、ウォシュレットなし、コンビニすこし遠い、冷蔵庫なし

ビジネスホテル登り坂

中央道河口湖IC3分、富士急河口湖駅からタクシー5分

素泊まりダブル 10185円

駐車場無料、駅は遠いが河口湖IC近し

清潔感あり、コンビニ、飲食店近し

河口湖ビジネス&リゾートSAWAホテル

河口湖ICよりお車で約4分、富士急行線河口湖駅下車、徒歩12分

ハリウッドツイン 9259円

駐車場無料、河口湖IC、富士吉田IC,富士急ハイランドまで車で4分、ほか送迎など有

500円で朝食+、ミニシンクとベランダ付

ウエストイン富士吉田

中央高速バス富士急ハイランド下車徒歩5分。中央高速河口湖I,C下車1分、富士急行線富士山駅下車

富士山view 和室6畳 12500円

駐車場無料、富士急まで徒歩5分、洋室の設定あり(デュペスタイル)

プライベートリゾートパインツリー

河口湖ICから車で2分。山中湖方面に下り、信号2つ目を右折50m右。

コンドミニアムSタイプ 22000円

駐車場無料、富士急まで徒歩10分、送迎有、戸建てタイプ

キッチン、調理器具、調味料、露天風呂付き

長くなったので、具体的なプランは次回に持ち越す

旅行計画/「富士急ハイランド」/群馬発具体案
では、具体的にどういったプランで富士急へ行くか リストアップしていこう 料金のまとめはこちら 条件 群馬県高崎駅発 4月中頃の平日(閑散期) 注:この記事を...
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。