登山の食料計画/と実際の登山食糧

2014年に山に登ったときの食料計画のメモがでてきたので載せておこう。
そして、2015年の3泊4日、表銀座縦走に向けての
食料計画をまとめたいと思う。

以下、まずはデスクトップに眠ってた2014年食料計画メモから

(追記
別記事にて書こうかと思っていたが、この記事に追記というかたちで、実際に表銀座を縦走した際の食糧と感想を書いていくことにする)

2泊3日

前夜 車で適当に食べる

1日目 朝 車で適当に食べる(700kcal
昼 行動食+菓子パン
夜 調理済み冷凍シチュー

2日目 朝 ホットシリアル
昼 行動食+α米
夜 チーズ&ベーコン

3日目 朝 ホットシリアル
昼 行動食+α米
夜 ステーキ!!

ホットシリアル
フルグラ100g、スキムミルク40g、はちみつ30g
計 重量170g 700kcal

行動食
α米100g 360kcal
ナッツ40g 240kcal
菓子パン200g 800kcal
計 重量340g 1400kcal

夜食
ベーコン100g 500kcal
チーズ50g 160kcal
ココア16g 70kcal
計 重量166g 730kcal

計 重量576g 2830kcal

以上。
見辛いメモで申し訳ない。

カロリーについて

ぜんぜん足りないだろ!

というツッコミが聞こえてきそうだ
登山での消費カロリーはここで計算できる
これで計算したところ1日7000kcalが必要だと出た

いやいや多すぎるだろ!

現実的に考えて7000kcalは無理だ
重すぎる、パッキングもできないだろうし、そもそもそんなに食べれない。牛でも連れて歩けというのか?
2014年当時の俺はなにかしらの計算で必要カロリーを算出して上記の食料計画を立てたに違いない、なにか根拠があるはずである。
しかし、その根拠がなんなのかは分からないし覚えてもいないので、置いとくとして
実際のところ1日3000kcal未満で足りたのか?ということだが
これは割と行けた。といった感じである。
空腹にあえいだり、ましてやハンガーノックを起こすなんてことはなかった。

ただ、普通はテントを背負って北アルプスに登るなら3500kcal以上はとったほうがいいのだろう。

(追記
実際に表銀座を歩いたところ、3500kcalは必要だと思った。
なぜ以前は3000未満で平気だったのか?と驚くほどカロリー不足に悩んだ。
以前の登山では1日、幕営装備を置いて稜線歩きをしたから、その分カロリーが少なくて済んだのかもしれない。
もしくは単純に痩せすぎでスタミナが落ちたのか。)

ということで。
2015年夏、表銀座縦走、テント泊3泊4日の食料計画を立てたいと思う。目標は一日3500kcal、重量700g未満を目指す。

と、その前に、このメモの内訳を書きたい。

朝食のホットシリアル

これはお湯にとかしたスキムミルクはちみつフルグラをいただくというものである。
スキムミルクだけだと味気ないが、蜂蜜を加える事でけっこうおいしくなる、また、山の朝は冷え込むので暖かい食事で活力を得るのにもちょうどいい。
オススメだ

登山食糧の余りでアイスを作る
登山の朝食にホットシリアルを勧めている しかし、フルグラはまだしもスキムミルク、はちみつは使わなかった分がけっこう残ってしまい、持て余すだろう そこで、スキムミルク、はちみつ、牛乳...

行動食の詳細

高カロリー軽量といえばナッツ類だが、ぱさぱさしてドリンクなしでは食べられないので俺は好きではない。
実際、このときは下山したときにナッツ類は3割程度のこっていた。
ただ、嫌いとは言え、行動食で塩分を摂取するとなると限られてくるのでなかなか外せない食糧だ。

行動食で薦めたいのが菓子パンだ。
軽量で安くて、種類豊富で入手性が良い。
賞味期限をみてできるだけ日持ちしそうなもの、栄養表示をみて100g当たりのカロリーが高いものを選んでもっていくと良いだろう(チョコチップスナックなんかとても良い)
ただ、袋に空気を多く含んでいる製品はパッキングしにくいので避けよう。
菓子パンを、ザックを降ろす休憩のたびに1,2こ食べるようにすれば昼食休憩をとらずに歩き続けることができるので時間がないときなどは特にオススメである。

α米はおいしくないというイメージがある。
しかし、尾西食品の山菜おこわはかなりイケる。
もち米をつかっているのが肝なのだろう、もちもちしていて美味しい。
なんだかんだで米を食いたくなるのが日本人というもの、いくつかもって行くと良いだろう。

夜食の詳細

1日目は好きなものをもって行くといいだろう。大体のものは腐らないし、ちょっと怪しくても火を通せばなんとかなる。
ただし、山で食あたりになると地獄なので自分の判断で食べましょう。
お勧めは、事前に家で調理したシチューやトマト煮などを冷凍してもっていけば、他の食材への保冷剤としても使えるので良い。

チーズとハムでワインやビールをいただくのはとても良い。
しかし、高山だとやたらと酔いやすくなる、良質な睡眠のためにもお酒は普段の半分、としておこう。
あと、夜の山は寒いのでビールはそんなにおいしくない。

前置きが長くなってしまったが、今度こそ食糧計画といこう

目指すは3泊4日。1日3500kcal。700g未満。

前夜 : 家で適当に食べる

1日目 : 朝 車で適当に食べる 700kcal
昼 山小屋で食べる 800kcal
夜 ローストビーフ!500g+じゃがりこマッシュポテト風60g  1300kcal 560g
行動食 100gあたり400kcalとして 800kcal 200g

1日目 計 3600kcal 760g

2日
朝 ホットシリアル 700kcal 170g
昼 山小屋で食べる 800kcal
夜 チーズ&ベーコン 1150kcal 50g+200g
行動食 800kcal 200g

2日目 計 3450kcal 620g

3日目
朝 ホットシリアル 700kcal 170g
昼 山小屋で食べる 800kcal
夜 調理する レトルトハンバーグ200g+α米100g+レトルトカレー100g  400kcal+360kcal+100kcal
行動食 800kcal 200g

3日目 計 3160kcal 770g

4日目
朝 ホットシリアル 700kcal 170g
昼 山小屋で食べる 800kcal
夜 居酒屋だ!ヒャッハー!
行動食 残り物と非常食で適当に

4日目 計 1500kcal 170g

非常食 マヨネーズ100g700kcal
カロリーメイト一箱80g 400kcal

4日間 計 11710kcal 2320g

注意:山小屋で食べれない場合もある

以上
かなりざっくりだがこんな感じになった。

(追記
細かく見ると実際持っていったものはこの計画のものとは違う。しかしカロリー/重量からみると上記とほぼ同じ内容のものだった。
教訓としては、ホットシリアルの量を倍にしないと、カロリーが不足しがちということだろうか)

詳細を見ていこう

全体を通して

やはり、3500kcalで700g未満は難しい
そもそも、こんなにカロリー必要か?と思う
今回の山行では長時間歩かないので(1日7時間程度)
前回の感じからすると、カロリーオーバーな気がする・・・
それにこの重量を背負うとザックの重さが20kgいきそうである。
とりあえずこの計画通りの食糧を調達し、もうすこし計画を煮詰めたいと思う。
たぶん、行動食を1/3にするだろう。

(追記
結果として、実際に行動食を1/3にした、パッキングの観点からすると適量だと思う。
しかし、カロリーの観点からだとまるで足りていなかった。

山小屋で食事を取る
一食を山小屋で食べることで圧倒的な軽量化になる。
効率を考えると昼は行動食で夜に山小屋で食べるのがいいが、それだとつまらない。
夜(というか夜は寒いので夕方)はやはり、移り行く空を見ながら、酒とツマミだろう。

(追記
カロリー不足を補うにはやはり小屋の利用だろう。
しかし、山小屋の昼食というのは11時~14時ころしかやっておらず、朝5時に行動を起こし、昼ごろに宿泊地に着く、という計画では昼食(8時か9時ごろ)に山小屋、というわけにはいかなくなる。今回の最大の見落としだ。
今回の計画だと、夜と昼のメニューを入れ替える必要がある、そうなると、昼食を摂るのに自炊しなくてはならず、大きなタイムロスになる。
タイムロスを嫌うなら、昼食を行動食で済ませるべきだろう、そのほうが軽量化にもなる。しかし、夜の酒盛りという楽しみは減るだろう。
食糧計画と登山計画は、思っていたより、密接に考えないといけない。今回最大の教訓だろう。)

それでは、まず1日目

この日のチャレンジは晩飯のローストビーフだろう
今はまっている低温調理で固めに仕上げたローストビーフを家からそのまま持っていこうというわけだ。
たぶん腐りはしないだろう。
付け合せにじゃがりこ(サラダ味)を持っていってお湯を入れてマッシュポテトにする。
じゃがりこが思った以上にハイカロリーだ。

(追記
ローストビーフ200gとローストポーク300gをもって行った。どちらも問題なく、美味しく食べれた)

真空調理または低温調理/ローストビーフ実践編
低温調理に挑戦するなら、まずはローストビーフがお勧め なぜなら温度管理が適当でも美味しくできるからだ 下記のメモを参考にチャレンジしてもらいたい また、低温調理に関する衛生や温度管理のうんち...

2日目

ベーコンのハイカロリーっぷりはさすがである。
もはや鉄板食材だが、俺の場合は食材というより主食で、火であぶりながら丸かじりする。
さすがに200g丸かじりは飽きそうなので調理しようかと思うが、一緒に芋を炒めるくらいしか思いつかない。しかも調味料は邪魔なのでもって行かない、マヨだけでいけるだろうか。

(追記
ベーコンの代わりにジョンソンヴィルのベダーウィズチェダーとマ・マーのレトルトナポリタンソース110gをもっていった。
元から好きなウインナーではあったが、見落としていた。
チャックつきの袋にはいっているので、パッキングにも都合がいい。
400gで1300kcal超えというイカした食糧だ、これからの鉄板食糧になるかもしれない。
ジョンソンヴィルのウインナーの入手は、以前なら楽天に良いショップがあったのだが、現在取り扱いを止めている
ドン・キホーテが一番置いてある確率が高い気がする)

3日目

レトルトをメインに調理
山で料理なんて面倒なので温めるだけで大丈夫なレシピにしたい。となると思いつくのがハンバーグカレー・・・なんとも味気ない気がする。

(追記
カレーではなくマ・マーのレトルトミートソース110gと早茹でペンネにした。どちらも美味であったが、トップバリュ印のチーズハンバーグは美味しくなかった)

4日目
とくになし。
降りるだけなのでぶっちゃけ行動食だけで十分だとも思う。
しかし、山小屋の料理が食べてみたいので昼もしっかり摂る。

行動食の詳細

行動食の候補に上がっているものをあげていこう

菓子パン
一袋約180gあたり800kcal

森永ミルクキャラメル
1箱58g 245kcal

ドライフルーツ
7Dドライマンゴー 80g 270kcal

オールレーズン
一袋106g 389kcal

カントリーマアム
1枚10.5g 50kcal

柿ピー
6袋詰めのうち1個装35g 165kcal

非常食

カロリーメイト
ブロックタイプ 1本20g 100kcal

マヨネーズ
全卵使用のもの100g 700kcal

以上だ

非常食を抜くと平均して100gあたり400kcal程度だろうか、悪くない数字だ。

(追記
カントリーマアムはまるごと果実というものにした、これは大正解で非常に食べやすく美味であった
実際にもって行った行動食は写真の通りである

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガトーレーズンはパサついて食べにくく、ミルクキャンディーはソフトキャンディーと間違えて買ったものだ。
どちらも失敗だ)

今回は家に計りがないため実際の正確な重さを量れないのが気にかかる。
とりあえず、急遽立てた荒削りのメモだが、以上を2015年の登山食糧計画としたい。

参考リンク

登山装備リスト、短評

2015/夏季/北アルプス縦走/登山装備と購入のメモ
夏の北アルプス、テント泊で縦走する場合の装備である。 忘れ物をなくすための持って行くものリストと 実際に使ってるメーカー、品名を明記し さらに装備購入時の注意点からパッキングのやりかたも含め...
北アルプス/登山装備/短評
実際に夏の北アルプスにもっていっている装備のリストと短評を書いていく 基本装備 ザック      【グレゴリー】バルトロ75 ザック界のロールスロイスとまで呼ばれるグレゴリーのザック ...

パッキングまとめ

パッキングのしかたまとめ(改訂版)
登山でのパッキングのしかた これはテント泊の際、雨天での撤収もすばやくパッキングできる方法のまとめである 軽量化とパッキング簡略化のため、スタッフバッグは極力使わないようにする ...

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。