先物自動売買ツールを作ろう①

さあ、いきなり話が飛んだぞ

作ろう、作ってしまおう

どうすればツールを作れるのか?

まずは下調べだ

戦いとは・・・始まる前に決しているのだ!

前置きはこちら

投資の話をしよう①
実は数年前に先物取引をしていたことがある 銘柄は日経225miniだ 手法はシステムトレード 当時まだ稼動していたマネックスが提供するトレードステーションの改良(改悪か?)版マネック...
投資の話をしよう②
さて、続きだ 日経225ミニを自動売買できるプログラムトレード環境の構築 おそらく、最も良い方法がすべて自分でプログラムする、ということだろう C言語やらなにやらを駆使したり...

では、クリアする課題を挙げてみよう

1、プログラマの確保

1-a、作成を依頼するプログラマを探す

1-b、報酬の相場をなんとなく調べる

2、ソフトウェアの仕様

2-a、ソフトがなにができればいいのか明確にする

2-b、証券会社との接続などに関する法令を調べる

3、プログラマに仕事を依頼する

3-a、設計書、仕様書、的なものを作成

こんな感じか?たぶんもっと増えるだろう

まず

1-a、作成を依頼するプログラマを探す

これはとりあえず友人をあたる

といっても俺の周りにプログラマなど2人しかいない

というかなぜか俺の友人知人にはアナログな人間が多い、PCはネット観覧用、という人間がほとんどだ

いや、俺の友人関係はおいとこう

当然あてにするのが二人だけでは問題があるので、ネットでブッキングサービスを探してみる

ランサーズ

基本的には無料で利用できるようだ

仕事が成立した場合に手数料として5%~20%もってかれる

また、依頼を目立つようにしたりする有料オプションが高い

クラウドワークス

サイトデザインが気に入らない

どうやら金がかかるのは有料オプションにみのようだ

べらぼうに高い

とりあえずこの二つに登録すれば十分なのかな?

1-b、報酬の相場をなんとなく調べる

これが問題だ、ピンキリだろう

プログラマという、一種の職人的な仕事に値段をつけるのは難しいと思う

まあ、これは後回しでいいだろう

2-a、ツールがなにができればいいのか明確にする

ここを明確にしなくては依頼もできない

必要な機能を列挙しよう

リアル価格データの自動読み込み

株式、先物、FXなど各相場への対応

売買ルールのプログラミングが可能(Easyランゲージ基準、できればC#も)

バックテスト機能

複数の売買ルールの統合、建玉の整理

資金管理、口座管理

自動売買

挙げるときりがない

いずれもさらに細分化して考えないといけないだろう

しかもそれをプログラマが理解できるようにしないといけない

そうなると実際にマルチチャートやニンジャトレーダーを触ってもらったほうが早いだろうか

友人いわく「仕様書というものはなくて、話し合いながら決めてくしかない」そうだ

ますます信頼できる人間に頼みたくなる話だ・・・

2-b、証券会社との接続などに関する法令を調べる

法令に関してはそれはもうややこしいのですっとばすとして

自分で証券会社を興すのは論外で

法人として大量の注文を処理してくれる証券会社に直接接続するのがいいだろう

そしてカブドットコムにはそういうサービスがある

ちなみに提供開始は2012年4月で、けっこう時間がたっている

ライバルは多いのだろう・・・

3-a、設計書、仕様書を作成

友人の教えによってなんとくなくだったプログラマへの仕事の依頼方法がわかってきた

そのひとつが、設計書と仕様書だ

まだよく理解してはいないが、以下のようにる

(この業界はちゃんとした規格がないようで、プログラマによって解釈がことなるらしい)

設計書=ソフトの目的、使い方、ユーザーが実際に触れる部分の設計

仕様書=なにをしたらどうなるか、設計書で書いた事を実際に行う場合の体系化され倫理的な手順を書く

こんな感じだろうか

設計書は外部設計ともいい、仕様書は内部設計ともいう、たぶん

そんな解釈をしているが、参考するものによって表現はマチマチだ

なので、2、ソフトウェアの仕様を決める、というのは設計書を書く、に置き換えることができる

そして、プログラマには仕様書を提示しないといけないということだ

つまり、AをしたらBになる、といった当たり前にことを文章にしていき

それをプログラマがコンピュータ言語に翻訳してくれる

というわけだ

たぶん、かなり大変

なので、この仕様書を書いたりする仕事をする人がいるわけだ

友人はそういう職業だった

俺はてっきりプログラマなのだと勘違いしていたが、プログラムはまったくといっていいほど触れないらしい

そういう職が存在するということは、やはり難解だということが予測できる

長くなった、というか知恵熱が出てきそうなので次回につづく・・・?

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。